CDS研究会について

趣旨

FTTHに代表される有線ブロードバンドアクセス網や3G/HSPA/LTEといった広域モバイル網の急速な普及,無線LANやBluetooth,ZigBeeをはじめとする無線ホームネットワークの浸透,高速電力線通信(PLC)の商用化,多様なセンサを省電力で制御するセンサネットワークの出現,NGNを利用したIPTVサービスの展開,iPhoneやAndroid携帯といったスマートフォンの世界的ブームなど,様々な分野における様々な要因がコンシューマエレクトロニクスの劇的な進化を実現し,ホームネットワークを活用した斬新なコンシューマ向けサービスの創出に向け着々と動き始めています.

例えば,携帯電話からの家電制御,宅内エネルギー管理 (HEMS : Home Energy Management System),電気自動車 といった議論に代表されるように,モバイル環境を含むインターネットとホームネットワーク,センサネットワークとの連携に対する関心が急速に高まっています.ホームネットワークに接続される機器は,従来のホームゲートウェイ,情報家電から,携帯電話,薄型TV,ドアフォン,電子錠,防犯カメラ,ヘルスケア機器,センサ/アクチュエータネットワーク等へと拡大しており,新たなサービス創出に向けコンシューマエレクトロニクスの発展が期待されますが,今後ますますこれら機器を効果的に連携させ,的確に管理,制御することが課題となっていきます.また,インターネットとの接続に際して想定されるセキュリティ上の脅威に対し,機器の安全性を維持することも重要な課題の一つとなっています.加えて,ECHONET,UPnP/DLNA,OSGi,コンティニュア・ヘルス・アライアンス,PUCC等のコンシューマ機器に関するデファクト化,標準化及びその実用化も進展しています.

本研究会では,情報家電,コンシューマ・デバイスのネットワーキング,連携技術,管理技術およびそれに関わるセキュリティ技術に関する研究を産学問わず広く対象とするとともに,デファクト化,標準化活動も含め,コンシューマ・デバイス&システムに関する技術者の相互情報交換の場を提供することを目指しています.

本研究会の対象とする分野は,産業界の研究者だけでなくシステム開発者にも興味ある内容となる事が予想され,産業界からの学会活動活性化にも繋がる可能性があります.

研究分野

  • コンシューマ・デバイス
  • コンシューマ・システム
  • コンシューマ・サービス
  • Internet of Things(モノのインターネット)
  • エネルギー管理(EMS,グリーンホーム,スマートグリッド)
  • デジタルサイネージ,インタラクティブTV,相互情報提示技術
  • ホームヘルスケア
  • コンシューマ向けゲーム機
  • ソーシャルメディア
  • ウェアラブルデバイス
  • スマートシティ
  • コンシューマシステムを支える基盤技術
cds-conf/about.txt · 最終更新: 2017/09/11 20:30 by org
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0